タイ佛教修学記

佛法を求めてタイで出家した時のこと、出会った人々、 体験と学び、そして心の変遷と私の生き方です。


礼拝

阿羅漢であり正等覚者であるかの世尊を礼拝いたします

ナモータッサ ・ パカワトー ・ アラハトー ・ サンマー・サンプッタッサ(3回)


2021/09/19

帰国の飛行機の中にて


ふと、バンコクから帰国する際のことを思い出した。


私がタイから帰国した6月24日のことである。


もう何年前になるのだろう・・・


なぜだかわからないのだが、不思議なことに、あの日、あの時、あの飛行機の中での出来事を、鮮明に記憶しているのだ。



サティを保つとは、なかなか難しい。


瞑想修行に励んできたとはいえ、聖者でもない凡夫である私は、感傷的になることもあれば、もの悲しい気分に襲われることもある。




私は、実家で寝たきりの生活を送っている父親の問題を整理するために帰国を決めた。


そう、父親の介護のために、タイでの学びに区切りをつけて、日本へ帰国することを決意したのであった。



本当は、もっとタイにいたかった。


もっともっとたくさんのことを学びたかった。


それが私の本音だったのかもしれない。



自分でも、自分の本心がわからなくなってしまうほど、葛藤し迷った末の決断であった。










バンコクの空港でのことだ。


当時は、まだスワンナプーム国際空港ではなく、ドンムアン空港だった。



その日のことは、はっきりと覚えている。


タイで過ごした最後の夜は、フアランポーン駅のすぐ前にある安宿で過ごした。


そして、当日、フアランポーン駅から列車でドンムアン空港へと向かった。




搭乗手続きを済ませて、帰国便に搭乗。


いよいよ帰国する飛行機が空港の滑走路を勢いよく走り出し、離陸し、飛び立った。



嗚呼・・・。



あっという間に、眼下にバンコク周辺の広々とした景色が広がった。


もう、私は、これでタイを離れるんだ。



右も左もわからなかったタイ。


初めてタイに降り立ったあの日のことが走馬灯のようによみがえってきた。



どこの馬の骨だか知れない、タイ語もろくにしゃべれない日本人である私を、笑顔で迎え入れてくれたたくさんのタイの人たち。


そして、出家までさせてくれて、私を育ててくれたお寺の方々。


苦労の末に出会うことのできた先生。


日本へ帰国してしまったら、もう二度とタイへは来れないかもしれない。


もう二度とタイのみんなとは会うことができないかもしれない・・・。



そんな思いがさらに私の心を締め付けたのでした。



・・・その時の直感は、正しかったのかもしれない・・・



いまだに、日本へ帰国してから、一度もタイの地を踏んでいない。


ただただ、日本の地からタイでの思い出を懐かしんでいるだけだ。



お世話になった方々のあたたかな顔が浮かんできた。










同時に・・・



何ひとつ成し遂げることができなかった自分自身への悔しさと情けなさのようなものが胸の底からこみ上げてきた。


懐かしさなんかではない。


情けなさだ。



まるで堰を切ったかのようにいっきに思い出されて、もうあと一歩のところで涙が溢れてくるところだった。


日本へと向かう便だけあって、日本人が多く搭乗しているようだ。


耳をすませば、あちらこちらから日本語での会話が聞こえてくる。


機内で私の席の隣に座ったのも日本人だった。


とても明るそうな女性であった。


何かを話しかけてきたことは覚えているのだけれども、それ以外はさっぱり記憶がない。


話しかけてくれるのは大変ありがたいのだが、大層そっけない表情をしていたことだろう。



そもそも、全く耳に入ってこない。



申し訳がないのだが、明るい話題にのれるほど私の心は元気ではない。


この複雑な思いは、まさに筆舌に尽くしがたい。


正直な気持ちを吐露するならば、そっとしておいてほしい。


その一言だ。




タイの国へ、
タイで出会った人々へ、

ブッダ・ダンマ・サンガへ、
タイでの学びへ、

タイへ来れたことに対して、
今までの全てのことに対して、

飛行機の窓に広がる
広大なタイの大地に向かって、


心静かにそっと目を閉じて、
感謝の念を捧げたのであった。



おそらく、私の近くにいた人たちには、大変奇異な姿に映ったことであろう。



(『帰国の飛行機の中にて』)





▼ご登録はコチラから▼





ブログには紹介しきれない“こころの探究への旅路”を綴っています。


踏み込んだ話題やプライベートな話題、心の葛藤や越えてきた道のりなど、内面的なことがらに触れつつ、振り返っていきます。


一通、一通、心を込めてメールをお届け致します。


何かを感じて取っていただくことができましたら幸いです。


登録は無料です。どうぞ、お気軽にご登録ください。



⇓⇓⇓下記の登録フォームからご登録ください⇓⇓⇓





仏教の生き方とは何かを考え、真の仏教で生きる道を歩んでいきたい・・・


そんな思いをあなたとともにわかち合っていきたいと考えています。


日々、心穏やかで、心豊かな生き方を探究しています。







毎日更新しています!



情報交換や情報共有等、様々な方面で活用しています。


友達リクエストの際は、メッセージを添えていただきますようお願いいたします。




Facebook : Ito Masakazu






2021/09/09

現実世界は、かりそめの世界なのか?

 


この世界は、自分の意識が作り出しているのだ。



仏教や瞑想に親しんだ人なら、ごく馴染みのある言葉かと思う。



一方で、仏教や瞑想にまだそれほど馴染みのない人にとっては、何を寝とぼけたことを言っているのだと感じられる言葉なのではないだろうか。



このような認識の世界、つまり仏教の心の世界の学問を、私は大学時代にすでに学んでいたのであった。




====================

◆大学で心の世界をすでに学んでいた!?◆

====================




私は、学生の頃、「唯識」という仏教の学問の一分野を専攻し学んだ。


そして、それを論題として論文を仕上げた。



「唯識」というのは、仏教の心の世界の学問だ。


この現実の世界は、実体としては存在せず、私たちの意識が作り出している世界を見ているに過ぎないとする学派の主張である。


つまり、世界があるから認識するのではなく、認識するから世界が見えてくるのだと捉えるのである。



大学入学後、早々に専攻する分野を唯識へと絞り込んだ甲斐があって、私の指導教授から、ありがたくもお褒めの言葉を頂けるまでの論文に仕上げることができた。



しかしながら、仏教の学問のなかのほんの一分野であるとはいえ、大学4年間の修学カリキュラムでは到底学び切れるものではなく、ほんの“端っこ”をかじった程度で、全くもって不十分だ。


まして、知識としてではなくて、仏陀の境地へと至るための実践としては、スタートの位置にすら立てていない。


私は、たったそんな程度のレヴェルでしかないのだ。


このことは、社会へ出てから、さらに嫌と言うほど思い知らされる破目となった。



仏教の学びによる「智慧」のはずが、単なる机上の「知識」に終始し、私の人生に何の影響も与えていなかったのであるから、それはそれはショックであった。



もっとも、こうした私の疑問や挫折のひとつひとつが


“こころの探究のはじまり”


の原動力となってはいるのだが・・・。



遠い学生時代の振り返りである。











====================

◆ある人の言葉で目が覚める!◆

====================




ごく最近になって、ある有名な先生から、





『君が認識していないことは、この世界には存在していないんだよ。


私が言っている意味がわかるか?



君、例えばね、ここまで来る間にコンビニがいくつあったか、答えられるかい?



(私は、答えることができなかった。)



そういうことなんだよ。


君が認識している現実世界には、コンビニはひとつも存在しない。



(はぁ?という顔をしていたことと思う。)



だって、そうだろう?


コンビニがいくつあったのかという問いに、ひとつとも、ふたつとも、答えることができなかった。



君の認識の中には、コンビニはないんだ。



だから、実際にコンビニがあろうとなかろうと、そんなことは全く関係がない。



君が認識していなければ、コンビニはこの世の中に「存在しない」。



ただそれだけの話だ。』





私は、ハッとした。


すぐさま学生の頃に学んだ「唯識」の世界を想起したのであった。


それまでは、唯識の学びを文字のうえでは、なんとなく理解をしてはいたものの、自分のこととして、全く腑に落とし切れてはいなかったのだ。



大変身近な譬え話であるが、それだけに、すぐ腑に落ちたのであった。



普段、私たちは、あれこれ云々考えているが、ただあるのは、今、ここに生きているという現実のみだ。


それは、今この瞬間の認識のみ。


あれこれ云々と考えていること自体が、すでに妄想しているのである。



そう・・・



我々人間は、こうした妄想の世界を生きているわけなのである。


それが動かぬ事実であり、真実の姿なのだ。











====================

◆真理の一端を知る。本物の瞑想とは?◆

====================




そうした真実の姿を知って、仏陀の境地へと到るための学びと実践が「瞑想」である。


この世の中の真実のあり様をよく見抜き、体得していくことこそがその本当の目的のはずだ。


しかしながら、わが身は大変愚鈍なるがゆえに、その能力に欠けていることを嫌というほど思い知らされることもしばしばだ。


否、しばしばどころではない。



それでも、たとえほんの一瞬であったとしても、真実の姿を垣間見ることができたとすれば、それは瞑想の叡智の一端を得たことになるのではないだろうか。


ほんの小さな叡智であったとしても、その学びと体得がなければ、本物の瞑想とは言えないのではないだろうか。



まずは、無知という病を治療しなければ、妄想という猛毒に侵され、病状はますますひどくなるばかりである。


妄想という猛毒は、衰えることを知らない。


勢いはますます増していく。



猛毒の猛進を抑えて、勢いを削ぐことができるのは、唯一「智慧」のみである。



苦しみから脱するためには、やはり瞑想が必要で、真実の姿をよく知ってこそ初めて幸せへの道を踏み出すことができるのだ。



今、現在、抱えている苦悩を仏教の「智慧」でもって解決せずして、安らかな世界が展開されることはあり得ない。



だからこそ、「瞑想」を実践するのである。


そして、「今」、「ここ」、「この瞬間」を生きるのである。




(『現実世界は、かりそめの世界なのか?』)






▼ご登録はコチラから▼





ブログには紹介しきれない“こころの探究への旅路”を綴っています。


踏み込んだ話題やプライベートな話題、心の葛藤や越えてきた道のりなど、内面的なことがらに触れつつ、振り返っていきます。


一通、一通、心を込めてメールをお届け致します。


何かを感じて取っていただくことができましたら幸いです。


登録は無料です。どうぞ、お気軽にご登録ください。



⇓⇓⇓下記の登録フォームからご登録ください⇓⇓⇓





仏教の生き方とは何かを考え、真の仏教で生きる道を歩んでいきたい・・・


そんな思いをあなたとともにわかち合っていきたいと考えています。


日々、心穏やかで、心豊かな生き方を探究しています。







毎日更新しています!



情報交換や情報共有等、様々な方面で活用しています。


友達リクエストの際は、メッセージを添えていただきますようお願いいたします。




Facebook : Ito Masakazu






2021/08/29

生活の全ての場面で仏教が息づいているタイ


私は、ブッダの仏教の生き方と、瞑想修行を目的としてタイへと渡った。

タイでは、生活のあらゆる場面において仏教が深く根付いている。


それは、単なる“儀礼”や“習慣”としてではなく、価値観や生き方として、タイの人々の心の中に息づいているのである。


その姿を目の当たりにした時は、それはそれは心が震えたことをよく覚えている。



さて、タイの人々の一日の始まりはお布施で始まる。

それと同じく、一年の始まりもお布施、人生の始まりもお布施である。


婚礼は、新郎新婦がそろってお寺へと出向き、お布施をする。

子どもが生まれると、お布施をしてお寺の比丘から祝福を受ける(都市部では少なくなっているが、郊外の地域ではよくみられる)。

人生の最後もやはり、お寺へお布施をして、功徳を振り向ける。


日頃の悩みや、思うところをお寺の比丘に相談するのは、ごく日常の風景だ。

おおよそ10日に一度やってくるワンプラと呼ばれる仏教の日には、最寄りのお寺に集う。

もちろん、心を寄せる遠方のお寺でもよい。


新車の安全祈願もあるし、新築家屋や新規開店の御祈祷もある。

人生の節目、節目には、必ずお寺や比丘の存在がある。

生活の全ての場面が仏教とつながっているのである。


(※婚礼については、比丘が婚礼を司る立場であるのではない。あくまでも、お布施を受ける立場としてである。葬儀についても同様であるし、祈願・祈祷などについても同様である。)


葬儀くらいしかお寺や仏教との関りがない日本の状況とは、大きな差があり、価値観を異にするところである。

お寺や比丘、特に「お布施」というものにどれだけ重い価値がおかれているのかは、日本人には到底想像すら及ばないところであろう。


まさに驚きの風景であり、また感動の風景である。










人々と仏教とを直接つなぐものとして、「瞑想」や「お布施」という実践行があるのだが、それらを除けば、やはり儀礼や儀式になるかと思う。

その儀礼や儀式も、タイの場合は、やはり「お布施」というものが中心となる。



ところが、森の修行寺では、そのような儀式や儀礼をはじめとして、呪術めいたことや占いなどは、一切行わない。

さらには、タイでは一般に大変よく好まれる、お守りや護符なども、一切扱わない。

お守りを扱わない代わりにと言っては大変不適切な表現になるのかもしれないが、修行寺などでは、仏教書や瞑想指導書が非常に充実している(これは、比較的大きな僧院のみである)。


婚礼や葬儀は一切受けないし、仏教に関する行事も、通常のお寺とは異なり、ごくごく質素なものである。

特に、呪術やまじない、占いなどは、固く厳禁されており、仏道修行に関係のないものとして、あるいは修道を惑わせるものとして、近づくことさえ忌避されている。


まさに、森の修行寺は、原点回帰主義とも言えるもので、これはこれで非常に大きく大切な存在である。










瞑想修行を志し、純粋な意味での仏教を学ぶ者は、形式的なものであったり、仏教ではない所謂“異物”であったり、“混ざりもの”として、儀式や儀礼を批判的に捉えることが少なくない。

しかし、私は、これらのものを通じて生活の全てが仏教とつながっているのだと受け取っているし、大切なツールのひとつであると受け取っている。

何よりも、大衆が望んでいるものであり、形でもあるのである。


現に、タイの人々は、うまく住み分けを行っているし、うまく“使い分けて”いる。

使い分けているというよりも、私がここで書いているように、明確に分けて考えているわけでもない。

どちらもその役割があり、どちらも必要な存在だからである。


タイでは、仏教(または、お寺や比丘)に対して、絶大な敬意が払われる。

そして、比丘という存在そのものに、一種の(仏教による)霊力のようなものが宿っているとして考えられることが多い。

純粋な仏教とはやや異なるニュアンスを含む側面が発生してくることもあるだろうけれども、それを含めての仏教である。


どのステージで仏教と関わって、どのレヴェルにおいて仏教を生きていくのかであろう。

そこを選ぶのは、それぞれの自由であり、それぞれの志次第であると思う。


日本に再び生活の全ての場面において仏教が息づく日は来るのであろうか?

日本人の心に仏教が息づく日は来るのであろうか?


タイの厚き仏教の世界に触れた私としては、どこまでも日本の状況が残念でならない。



(『生活の全ての場面で仏教が息づいているタイ』)





▼ご登録はコチラから▼





ブログには紹介しきれない“こころの探究への旅路”を綴っています。


踏み込んだ話題やプライベートな話題、心の葛藤や越えてきた道のりなど、内面的なことがらに触れつつ、振り返っていきます。


一通、一通、心を込めてメールをお届け致します。


何かを感じて取っていただくことができましたら幸いです。


登録は無料です。どうぞ、お気軽にご登録ください。



⇓⇓⇓下記の登録フォームからご登録ください⇓⇓⇓





仏教の生き方とは何かを考え、真の仏教で生きる道を歩んでいきたい・・・


そんな思いをあなたとともにわかち合っていきたいと考えています。


日々、心穏やかで、心豊かな生き方を探究しています。







毎日更新しています!



情報交換や情報共有等、様々な方面で活用しています。


友達リクエストの際は、メッセージを添えていただきますようお願いいたします。




Facebook : Ito Masakazu






2021/08/19

バンコクのパクナム寺院のこと


最近、このブログでは、“思うこと”の話題が続いているが、今回は、バンコクのワット・パクナム(以下、パクナム寺院と表記する)について綴ってみたいと思う。


今、2012年に完成したというパクナム寺院の仏塔が大変熱いらしい。


所謂“インスタ映え”するということで大きな話題を呼んでいて、インスタグラムでその美しい仏塔の画像が爆発的に拡散されたということだそうだ。


インターネットで「ワット・パクナム」と検索をかけると、すぐにその画像が出てくることからも、その拡散ぶりがわかるかと思う。


今やバンコクの一大観光寺院となっているようで、寺院の観光案内や解説を加えているサイトも多く存在する。



本来、パクナム寺院は、観光寺院などではなく、バンコク市内のチャオプラヤー川の対岸に位置する、どちらかといえば、落ち着いた街中にある由緒ある寺院だ。


とはいえ、もとより一流の学問寺として名高く、有名寺院のひとつではあった。


また、タイで大変著名な高僧であるルアンポー・ソッド師の寺院としても有名で、さらにソッド師のご利益がある寺院としても知られており、ソッド師のお守りが多数頒布されている寺院でもある。



いずれにしても、大寺院であり、有名寺院であることには変わりはない。






正式名称:ワット・パークナーム・パーシーチャルーン

話題の仏塔内部の美しいエメラルドグリーンの空間

(画像:タイ国政府観光庁の公式サイトより)






パクナム寺院は、日本でもその名前を知られているタイ寺院のひとつだ。


以前より日本との関係が深い寺院で、留学生が行き来している他、千葉県成田市にパクナム寺院の別院が建立されているなど、日本とは大変馴染みのあるタイ寺院でもある。



しかし、本来は、ルアンポー・ソッド師が創始した瞑想法を修行する瞑想寺院であったことを知る日本人は、どのくらいいるだろうか。


そう、ソッド師は、ご利益をいただける神格化された僧侶というだけではなく、実在した著名な瞑想指導者であったのである。



もっとも、現在のパクナム寺院は、瞑想寺院の面影はごくわずかしか見られず、この大寺院が瞑想で名を馳せた寺院であるということを知って参拝に来る日本人は少ないのではないかと思う。



ルアンポー・ソッド師は、正しくは、チャオクン・プラ・モンコン・テープムニー師といい、ソッド師が創始した瞑想法でタイ全土に名を馳せた高僧である。


「ソッド」師というのは、親しみを込めた呼び方で、いわばニックネームである(タイではニックネームで呼び合う習慣がある)。


今でもソッド師の遺体が安置されており、その部屋へ参拝できるようになっている。


もちろん、私も参拝させていただいた。



ソッド師の瞑想法は、タイでもよく知られており、日本で広くテーラワーダ仏教の瞑想法が知られるようになるはるか以前に日本で紹介されているし、日本から何人もパクナム寺院へ留学している。


先にも触れた通り、現在のパクナム寺院は、瞑想の寺院というよりは、学問寺とご利益のある寺院として、常に人でにぎわっていて、瞑想寺院としての面影はないに等しい。


唯一、境内には“瞑想発展会館”と呼ばれる建物があり、そこで毎日瞑想指導や瞑想実践がおこなわれているに留まっている。


瞑想で言えば、ソッド師の瞑想法の系譜上にあるワット・タンマカーイ(タンマカーイ寺院)のほうが非常に活発であるというのが現在の状況だ。






小冊子の表紙の写真がソッド師

チャオクン・プラ・モンコン・テープムニー師






さて、日本で私のことを唯一応援してくださった先生も、タイで出家をされ、瞑想修行をされたご経験をお持ちである。


その修行をされた地こそが、ここパクナム寺院なのである。


ソッド師とは、直接の面識はなく、先生が滞在された時にはすでにご遷化なされた後であったとのお話を聞いている。



当時、瞑想指導にあたっておられたのが河北国雄師という日系のタイ人で、私の先生はその河北師の最初期の教え子にあたるそうである。


パクナム寺院に留学した日本人は多く、同時に、この河北師から瞑想指導を受けた日本人は多いことと思う。


そのような関係から私の先生から、瞑想修行に励まれていたその当時のお話をたくさんうかがっている。



現在のパクナム寺院は、落ち着いた街中に位置するとはいっても、やはり街中は街中である。


大変賑やかだ。


近くには運河が流れているのであるが、これは想像の域を出ないが、私の先生が滞在された50年前は、それはそれは大変美しい古き良きタイの景色が展開されてのではないだろうか。


そんな素朴な一面が残る寺院である。



とにもかくにも、私にとっては、尊敬する先生が修行をなさった寺院ということで、少々特別な寺院であり、実際に訪問できた時の感動はひとしおであった。



私が訪問し、滞在した頃は、ここに仏塔を建立する予定があるから、寄付をお願いしますといった看板が掲げられていたであろうか。


日本へ帰国し、ごく最近になってインターネットの情報から、仏塔が完成したらしいという知らせを耳にしたときには、嗚呼、あの仏塔が完成したのか、といったことを思っただろうか。



そんなパクナム寺院がバンコクの一大観光寺院となっているのには、正直なところ驚いたのであるが、もともと有名寺院であるのだから、それもご尤もな話だろうとも思う。



寺院関連の美術であっても、信仰とはあまり関係のない現代日本の美しさとは一味違って、タイの美しさには仏教の深い意味が込められている。


その意味で、非常にタイらしいと感じる。



いずれにしても、インスタグラムを開けば、すぐにタイの景色が見れるというこの時代に、ただただ驚くばかりである。


画像を繰っていくと、なんとチェンマイにある私が滞在していたことのある寺院の写真まであるではないか。


思わず嬉しくなった。


パクナム寺院のように有名寺院ではなく、ごくごく小さな下町の寺院であるにも関わらずである。


どうやらチェンマイ市内の寺院をくまなく撮影しているらしい。


どの国にもマニアはいるようである。




(『バンコクのパクナム寺院のこと』)






▼ご登録はコチラから▼





ブログには紹介しきれない“こころの探究への旅路”を綴っています。


踏み込んだ話題やプライベートな話題、心の葛藤や越えてきた道のりなど、内面的なことがらに触れつつ、振り返っていきます。


一通、一通、心を込めてメールをお届け致します。


何かを感じて取っていただくことができましたら幸いです。


登録は無料です。どうぞ、お気軽にご登録ください。



⇓⇓⇓下記の登録フォームからご登録ください⇓⇓⇓





仏教の生き方とは何かを考え、真の仏教で生きる道を歩んでいきたい・・・


そんな思いをあなたとともにわかち合っていきたいと考えています。


日々、心穏やかで、心豊かな生き方を探究しています。







毎日更新しています!



情報交換や情報共有等、様々な方面で活用しています。


友達リクエストの際は、メッセージを添えていただきますようお願いいたします。




Facebook : Ito Masakazu